ルクセンブルク駐在求人に強い転職会社を紹介しています。

ルクセンブルク駐在求人の集まる中心街の画像
ルクセンブルク駐在求人ならパソナキャリア、リクルートエージェント、ビズリーチ

<ルクセンブルク駐在求人に強い転職会社>

パソナキャリア、リクルートエージェント、JACリクルートメント、ビズリーチの場合は、現在、日本以外で海外に駐在・在住している方でも、今住んでいる国もしくは他の国の駐在求人を紹介してもらうことが可能です。

メール・電話でのやり取りとなりますが、現在、住んでいる国からの応募も可能なので、まずは求職者登録(会員登録)をして、コンタクトを取ってみてください。

※ビズリーチの場合は、求職者登録をして転職エージェントのヘッドハンターや企業からスカウトを受けるタイプの転職サービスとなるため、求職者登録時の職務経歴書の記入をしっかりと行う必要があります(年収500万円以上の方からスカウトが多くなる傾向があり、年収500万円に満たない場合はパソナキャリア、リクルートエージェント、JACリクルートメントを優先的に使う方が良いでしょう)。

各転職会社によって、希望する国の駐在求人を取り扱いのある・ないというのは出てくるので、なるべく、求人情報の取りこぼしがないように、複数の転職会社にコンタクトを取るようにしてください。

ルクセンブルクの駐在求人は、発生自体は少ないですが、稀に募集が掛かっていることがあります。

登記上だけを見れば、ITや金融を中心として外資系企業(日系企業も含む)が非常に多く拠点を置いていますが、実質はペーパーカンパニー的な色彩が強く、持ち株会社の拠点だけを置いている場合が多いです。

※要はタックスヘイブンです。

なので、実質はそれほど駐在求人の数は多くはありませんが、実態のある業務を行っている企業も製造業を中心に多くあり、実際に駐在募集がされることはあります。

ちなみに、約40社弱の日系企業が進出しており、大まかに言えば銀行を中心とした金融、製造業、IT・情報産業の業種で駐在拠点を置いています。

特に日系企業の場合は、実際に法人職員を駐在させていることが多く、他国の外資系企業の求人に比べれば、比較的、駐在員求人の募集は多めです。

もちろん、他の外資系企業でも駐在員求人の募集はあり、主にIT関連企業が中心となります。

(有名どころで言えば、グーグル、現在はアメリカのマイクロソフト傘下のSkype、韓国系のネクソンなどが実際に拠点を置いています)

IT系に関して補足すると、ルクセンブルクにデータセンターを置いている企業も多く、日本のNTTコミュニケーションズもまたデータセンターを置いています。

駐在拠点については、ルクセンブルク中央駅(Gare Centrale du Luxembourg)、中心地のロワイヤル通り(Boulevard Royal)に駐在拠点を置く企業が大半です。

ただ、製造業で、生産拠点を置いている企業の場合は、グレーヴェンマハ(Grevenmacher)、ニーダーカーシェン(Bascharage)などの中央地域から離れた地域に拠点を置いている場合もありです。

ルクセンブルクの駐在求人については以上となります。とりあえず、求人が発生していたとしても取り扱う転職会社は限られており、なおかつ数も少ないので、なるべく取りこぼしがないように複数の転職会社を情報源として活用するようにしてください。

一応、ルクセンブルクの駐在求人を扱う転職会社は上記で紹介しているところ以外もありますが、基本的にはパソナキャリア、リクルートエージェント、ビズリーチでまずは求人情報があるかチェックしておいた方がいいでしょう。

<ルクセンブルク駐在求人を扱う転職会社一覧>

ルクセンブルク駐在求人にこだわらない場合

ルクセンブルクの駐在求人については以上のように述べた通りで、募集頻度、求人数ともに少なめです。

その為、ルクセンブルクの駐在求人に一本釣りで探すとなると、わりと転職活動は難しくなります。

(必ず上記で紹介している転職会社は複数活用し、取りこぼしの内容に気を付けてください)

なので、ルクセンブルク駐在求人にこだわらないのであれば、いくつか代替えとなる案は用意しておいた方が良いでしょう。

例えば、分かりやすい案としては、ルクセンブルク周辺のドイツ、そしてフランスの駐在求人などが挙げられます。

ドイツの場合はフランクフルト(Frankfurt)やその周辺に日系企業を含めた外資系企業が進出していますし、フランスについてもルクセンブルクから近いメス(Metz)などに駐在拠点を置いている企業があったりします。

ちなみにベルギーの場合は、ルクセンブルクに隣接する周辺(ワロン地域の南部)には企業がほとんど進出していません。※シャルルロア(Charleroi)やリエージュ(Liege)まで行かないと日系企業を含めた外資系企業は進出していません。

こういった周辺の国の駐在求人まで考えておくと、選択肢は広がるので、転職会社を活用する際には、ルクセンブルク周辺の地域の駐在求人も一緒に紹介してもらうようにしましょう。

その他のヨーロッパの海外駐在・勤務求人