リヒテンシュタイン駐在求人を探す場合に最適な転職会社を紹介しています。

リヒテンシュタイン駐在求人を探すならリクルートエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェント
リヒテンシュタイン駐在求人を探すならリクルートエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェント

<リヒテンシュタイン駐在求人を探す場合に最適な転職会社>

パソナキャリア、リクルートエージェント、JACリクルートメント、ビズリーチの場合は、現在、日本以外で海外に駐在・在住している方でも、今住んでいる国もしくは他の国の駐在求人を紹介してもらうことが可能です。

メール・電話でのやり取りとなりますが、現在、住んでいる国からの応募も可能なので、まずは求職者登録(会員登録)をして、コンタクトを取ってみてください。

※ビズリーチの場合は、求職者登録をして転職エージェントのヘッドハンターや企業からスカウトを受けるタイプの転職サービスとなるため、求職者登録時の職務経歴書の記入をしっかりと行う必要があります(年収500万円以上の方からスカウトが多くなる傾向があり、年収500万円に満たない場合はパソナキャリア、リクルートエージェント、JACリクルートメントを優先的に使う方が良いでしょう)。

各転職会社によって、希望する国の駐在求人を取り扱いのある・ないというのは出てくるので、なるべく、求人情報の取りこぼしがないように、複数の転職会社にコンタクトを取るようにしてください。

リヒテンシュタイン駐在求人は発生することは、非常に稀ですが、工業関連の企業を中心に発生することはあります。

(リヒテンシュタインの主となる産業が工業なので、このことが多いに関係しています)

日系企業はいくつか進出しており、当然、工業関連で、工業機械・産業機械の企業が進出しているような状況です。

※日系企業以外の外資系企業となると、多くの企業が登記上では拠点を置いてはいますが、あくまでもタックスヘイブン的な意味合いのペーパーカンパニーが多い。

一部、金融、観光、医療でスイスの企業が拠点を置いていたりもします。※スイス企業の場合は、日本にも拠点のある企業もあるので、日本の転職会社経由でリヒテンシュタインの駐在求人募集に応募が可能です。

一応、在日リヒテンシュタインの外資系企業からのリヒテンシュタイン駐在求人や海外出張ありの求人も、稀に発生していることはあるので、求人情報は常にチェックしておいた方が良いでしょう。

(在日リヒテンシュタイン外資系企業の多くが1970~1980年代にすでに日本に拠点を置いており、有名どころで言えば、建設用電動工具を扱う日本ヒルティ、鉄道用保線機械の保守サービスを行う日本プラッサーなどがあります)

ちなみに、首都であるファドゥーツ(Vaduz)に拠点を置いている外国籍企業が多いですが、北にあるルークゲル(Ruggell)という地域に拠点を置いている企業もあります。

実際に、日系企業でリヒテンシュタインに進出している半導体精密洗浄装置の製造・販売を行うサムコ(samuco-ucp A.G.)はルークゲルに現地法人を置いています。

以上、リヒテンシュタイン駐在求人の大まかな概要となりますが、ネットの公開情報でリヒテンシュタイン駐在求人を探す場合には、情報が限られ、また公開求人に載ることもないので、冒頭で紹介している転職会社にまずはコンタクトを取ってみてください。

一応、リクルートエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェント以外にも、下記にリヒテンシュタイン駐在求人を扱う転職会社一覧を載せています。

基本的には、リクルートエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェントを活用しつつ、他の転職会社でリヒテンシュタイン駐在求人を扱っているかどうかは、確認はしたほうが良いでしょう。

<リヒテンシュタイン駐在求人を探す場合に最適な転職会社一覧>

多少めんどくさくなるのですが、リヒテンシュタイン駐在求人については募集頻度や数は当然少ないので、なるべく複数の情報源として転職会社を活用するようにしてください。

その中でも優先順位として高いのはリクルートエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェントの3つは必ず押さえておくようにしましょう。

リヒテンシュタイン駐在求人以外の選択肢

リヒテンシュタイン駐在求人については、一応は発生する機会はありますが、こだわり過ぎると、普通に1年ないし2年以上も待つということは普通にあり得ます。

なので、とりあえず、リヒテンシュタイン駐在などの海外駐在にこだわるのであれば、スイス、ドイツなどの海外駐在求人も必ず選択肢に入れておいた方がいいでしょう。

※オーストリアの場合はリヒテンシュタイン方面に、日系を含めた外資系も駐在拠点を置いている企業が少ないです。

例えば、リヒテンシュタインから一番近い場所で、日系企業含めた外資系企業の駐在求人が発生しているのは、スイスのチューリッヒ(Zurich)です。

ドイツも含め、チューリッヒが周辺では一番集まっているので、かなり有力な選択肢となるはずです。

仮にリヒテンシュタインから通勤をする場合には、高速道路(有料)を使って1時間半なので、許容範囲と言えるでしょう。

通勤時のスイスの高速道路料金(ヴィニエッテ)を負担してくれる企業もあるので、コスト的な部分もそれほど気にならないはずです。

※ドイツならミュンヘン(Munich)周辺に日系企業・外資系企業の駐在拠点が集まっています。

このように、リヒテンシュタイン駐在求人に、そこまでこだわらなくても現実的な選択肢はあるので、必ず周辺のスイスやドイツの駐在求人にも目を向けておくようにしましょう。

こういったスイスやドイツの駐在求人を扱う転職会社は、先ほども紹介しているビズリーチ、リクルートエージェント、パソナキャリアなどでも扱っているので、転職活動を行う際はコンサルタントに合わせて聞いてみてください。

その他のヨーロッパの海外駐在・勤務求人