京都府の国際交流求人を探す時に役立つ転職会社を厳選して紹介しています。

京都府の国際交流求人に強いのはdoda、マイナビエージェント、JOBNET
京都府の国際交流求人に強いのはdoda、マイナビエージェント、JOBNET

京都府の国際交流求人については、大学の国際交流関連の求人が中心に発生しています。

国際交流関連の団体については京都市を中心に多いですが、実際に採用募集がされていることは稀です。

国際交流関連団体の求人については、主に京都府国際センター(JICA関西京都デスク)、京都文化交流コンベンションビューローの求人が発生するイメージを持っておくと分かりやすいと思います。

その他にも、インバウンド人材の需要が常にある観光協会(京都市観光協会など)や、活動の中で国際交流活動も行っている財団法人(例えば、本願寺文化興隆財団などの寺や神社関連団体など)から、求人が発生していることがあるので、チェックしておきましょう。

また、京都府と京都市は海外に海外拠点事務所を開設しています。海外事務所については、民間企業に業務委託していたり、府や市で運営していたりします。

こういった海外事務所を運営している業務委託の企業もしくは、府や市から求人がかかっていることもあるので、タイミングが良ければ募集されていることもあるので、興味のある方は覚えておきましょう。

京都府の国際交流求人の大まかな傾向は以上のようになります。下記に京都府の国際交流求人を保有している転職会社をリストアップしているので、参考にしてみてください。

京都府の国際交流求人を探す時に役立つ転職会社、押さえておきたい3社

京都府の国際交流求人を探す時に役立つ転職会社7選!とはしているのですが、マイナビエージェント、JOBNET、dodaのこの3つを押さえておけば、ほぼ間違いありません。

dodaは国際交流関連の公益財団法人に強く、マイナビエージェントの場合は京都府内の国公立大学の国際交流求人に、JOBNETの場合は京都府内の私立大学に強いという特徴がそれぞれあります。

詳細については、各転職会社の見出しで、それぞれ説明しているので参考にしてください。

実際に、どういった京都府の国際交流求人を現状保有しているかなどは、直接、転職会社にお問い合わせ願います。

doda<押さえておくべき>

dodaでは、求人募集の少ない、京都文化交流コンベンションビューローや京都府国際センターなどの国際交流関連団体の求人を取り扱う機会があります。

もちろん、募集頻度は少ないので、常にdodaで保有しているかは分かりません。なので、京都府内の国際交流関連団体の求人を探している場合は、まずは求人保有しているかどうか問い合わせてみてください。

また、京都市観光協会のインバウンド推進事業スタッフの求人を過去にdodaで募集している実績があるので、もしかしたら保有している可能性のあります。

特に、京都府内の国際交流関連団体の求人を扱っているのは、dodaと下記のマイナビエージェントで取り扱う機会が多いので、なるべくどちらかは活用するようにしましょう。

大学の国際交流求人に関しては、dodaで取り扱う機会は非常に少ないです。

ただ、府内にある私立高校の学校事務(留学生対応を含む)に関しては、dodaで取り扱う機会があります。

大学の国際交流求人にこだわりがない場合や、高校の留学生対応のある事務職求人に興味がある場合であれば、dodaをチェックしておくことをオススメします。

いずれにしても、京都府の国際交流関連団体の求人については、募集頻度は少ないので、必ずこの機会に求人を保有しているかチェックしてみてください。

特に、今もし求人が発生している場合、タイミングを逃してしまうと、平気で1年~2年など期間を空けてじゃないと採用募集されません。

機会を逃さぬように、まずは京都府の国際交流求人がdodaで発生しているか確認しましょう。

doda

マイナビエージェント<押さえておくべき>

マイナビエージェントでは、京都国際会館、京都市国際交流協会などの求人を保有していることがあります。

特に、京都国際会館は国際交流関連と関係ないと思う方もいるかもしれませんが、京都議定書などの国際会議が開かれていたり、政府関連の国際会議、学術・科学技術会議等が行われている関係から、京都国際会館では国際会議の誘致事業を行っています。

その為の人材を、マイナビエージェントで募集していることがあるので、興味のある方は、まずは求人募集がされているかどうか、チェックするようにしましょう。

また、dodaと多少被りますが、マイナビエージェントでも京都市観光協会のインバウンド推進事業スタッフが募集された実績があります。

大学の国際交流求人に関しては、マイナビが国立大学法人グループの採用窓口を独占的に扱っていることもあり、京都大学、京都工芸繊維大学、京都教育大学の国際交流課求人を取り扱うケースが多々あります。

※こういった国際交流課求人だけでなく、外国語が使える研究支援の仕事の募集もあり。

さらに、私学の場合は同志社大学(同志社女子も含む)、龍谷大学の求人が発生した場合には、ほぼマイナビエージェントで取り扱うことが多いので、働きたい大学が決まっている場合は、マイナビエージェントをチェックしておきましょう。

マイナビエージェント

JOBNET<押さえておくべき>

JOBNETは、京都府の大学の国際交流求人を探している人向けの転職サイトです。※JOBNETは派遣求人専門ですが、紹介予定派遣という正規雇用の求人の取り扱いもあります。

3月などの新規採用の時期以外は、JOBNETで求人募集をかけている大学も多く、マイナビエージェントで普段は載せている大学もJOBNETで載せるケースもあります。

なので、仮にマイナビエージェントで同志社大学、龍谷大学の国際交流求人の取り扱いがない場合は、JOBNETで扱っていることもあるので、あきらめずにチェックしておきましょう。

その他にも、立命館、京都産業大学などの求人もJOBNETで取り扱うケースが多めです。

稀にですが、JICA関西の京都デスクの募集がJOBNET上でされることもあります。なので、JICA関連の求人を探している場合には、JOBNETを押さえておいてください。

JOBNET

JREC-IN

JREC-INは教育機関、研究機関の求人情報サイト。

国際交流関連の求人ではないのですが、大学の国際教育関連の学部や学科などの嘱託講師などの求人の取り扱いがあります。

求人の採用のハードルはやや高めとなるので、募集できる人は限られますが、こういった求人も募集されていることを、一応紹介させていただきました。

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、国際交流関連で言うとジェトロ京都の求人を取り扱うことがあります。

また、冒頭でも触れているような、京都府と京都市の海外拠点に関連した仕事の求人が発生した際に、リクルートエージェントで取り扱う機会があります。

※必ずリクルートエージェントで取り扱うわけではありませんが、参考程度に京都府と京都市の海外拠点の一覧を一部ですが載せておきます。

  • 中国(上海)※府・市両方
  • アラブ首長国連邦(ドバイ)※市
  • オーストラリア(シドニー)※市
  • イギリス(ロンドン)※市
  • アメリカ(ニューヨーク)

府と市の海外拠点は非常に多く、京都市の場合は観光MICE推進室が窓口としてなっていますが、ほぼ業務委託しています。

基本的にはリクルートエージェントで載ることが多いですが、京都市の海外拠点求人に関しては、JACリクルートメントで取り扱う機会もあるので、JACリクルートメントもチェックしておきましょう。

キャリアパワー

キャリアパワーは大学求人を専門に扱う転職会社。今までは、大学の国際交流課求人などはキャリアパワーで扱う機会が多かったのですが、ほぼ取り扱いはありません。

どちらかというと、大学の図書館求人が強いので、それほど見る価値はありませんが、念のためリストアップしてはいます。

パソナキャリア

パソナキャリアでは、主に大学の国際交流求人を取り扱っています。

具体的な大学としては、佛教大学、光華女子大学、京都外国語大学、大谷大学などを取り扱うことがあります。

ただ、大学の国際交流求人となると、JOBNETでも取り扱う機会もあるので、この4つの大学の国際交流求人を探している場合は、パソナキャリアとJOBNETの二つは押さえておきましょう。

また、稀にパソナキャリアのほうで、立命館大学衣笠キャンパスの国際部関係衣笠国際教育課の求人が載ることがあります。

国際交流・国際協力の転職に成功している人が使っている転職サイト
国際交流・国際協力の転職に成功している人の多くがパソナキャリア、リクルートエージェント、ランスタッドは必ず押さえている

国際交流・国際協力の求人・仕事の募集というのは、東京などの首都圏も含め、募集頻度ならびに求人数は限られています。

その為、機会を逃さぬよう必ずこの機会に求職者登録(会員登録)だけは、済ませておき、国際交流・国際協力の求人情報を取りこぼさないようにしてください。

  1. パソナキャリア

    特定の国際交流関連団体、留学生支援団体・企業、国際交流を企業コンセプトにしている民間企業、大学の国際交流(大学職員)求人などを幅広く扱うパソナキャリア。
    JICAの受託案件を受注する企業の求人なども取り扱いあり。
    大学については国際関連・外国語大学求人を扱う機会も多い(特に関東・関西・東海地区の大学に強い)。
    国際交流・国際協力関連の転職を考えているなら、まずは必ず押さえておくべき転職エージェント。全国対応。

  2. リクルートエージェント

    JETROやJICAなどの国際関連の求人をはじめ、国際交流団体、各国の大使館・領事館などの求人にも強いリクルートエージェント。
    大学の国際交流求人については、大学職員としての募集が大半。日本語教師、通訳などの求人も取り扱う機会もあり。また、自治体の国際交流を目的とした海外拠点の駐在求人の求人の取り扱うことがある。
    パソナキャリアと合わせて押さえておきたい転職エージェント。全国対応。

  3. ランスタッド

    主に大学の国際交流センター求人を扱う機会がある。また、高校を中心とした教育機関での留学生支援業務を募集していることもあり。
    パソナキャリアやリクルートエージェントでは正規職員求人となりますが、ランスタッドで扱っている大学の国際交流求人は短期または長期派遣求人がメイン。
    もし、パソナキャリアやリクルートエージェントで正規職員での募集がない場合は、ランスタッドで派遣求人として大学の国際交流求人を取り扱っている可能性が高い。全国対応。

  4. JACリクルートメント

    国際協力関係のJICAの受託案件を請け負う企業の求人を保有していることがあり。また、自治体の国際交流を目的とした海外拠点の駐在求人を扱う機会も多い。
    JICAの求人を扱うこともある。

  5. JOBNET

    大学の国際交流課・グローバルセンターの求人をメインに扱う。大学事務員としての募集が多め。雇用形態は派遣がメインですが直雇用前提の紹介予定派遣の取り扱いもあり。
    パソナキャリア、リクルートエージェント、ランスタッドで大学の国際交流求人の発生がなかった場合には、必ずチェックしておきたい転職サイト。

  6. 人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

    マイナビエージェント

    稀に国際交流団体の求人を扱う。大学などの教育機関の国際交流求人も扱うことがある。全国対応はしておらず、北海道地域や九州地域の求人に弱いので要注意。

このサイトに訪れ、国際交流・国際協力の求人を探している10人中7人が、3~4つ以上の転職サイトに求職者登録をし、転職を成功させています。

Topへ→国際交流/国際協力求人・転職のイージョブペディア

京都近隣の国際交流求人
京都を含めた近隣の大学の国際交流求人