国際交流の仕事の種類としては、大まかに、NPO・NGO団体や大学の国際交流課や、官公庁・地方自治体、民間企業関連の2種類に分けられます。

国際交流関係の仕事の種類について
国際交流関係の仕事の種類について

具体的に、国際交流関連の仕事はこうだ!という定義はありませんが、どういった仕事でも共通して言えることが、外国人と触れ合う機会の多い仕事と言えると思います。

下記にリストアップしているのは、代表的な国際交流関係の仕事の種類となるので、国際交流の仕事を探している方は、転職活動の参考にしてみてください。

NPO・NGO団体や大学の国際交流課や、官公庁・地方自治体など

国際交流関連団体(NPO団体・NGO団体や地方自治体)

まず、国際交流の仕事の種類の中で最もベターなのは、国際交流関連団体です。

主にNPO・NGO団体からの求人がメインとはなりますが、地方自治体の国際交流課(自治体によって名前は異なります)などからも求人が発生していることもあります。

ただ、こういった国際交流関連団体や地方自治体の国際交流課などから求人が発生は少なく、ピンポイントで探すとなると、転職活動は厳しくなるでしょう。

その為、国際交流関連団体の求人を探す場合には、ハローワークや民間の転職会社のリクルートエージェントを活用することをオススメします。

地方自治体の海外拠点

地方自治体の海外拠点というのは、例えば、東京都であればカナダのトロントやアメリカのサンフランシスコなどに「東京観光レップ」という都の海外拠点を置いています。

※地方自治体の海外拠点については、「海外の国際交流求人の傾向」でも書いているので、参考にしてみてください。

こういった地方自治体での海外拠点の設置については、民間企業に業務委託していたり、地方自治体の独自事務所としていたりと、様々ですが、求人の発生が稀にあります。

求人については日本国内の転職会社を経由して募集されることが多く、ビズリーチJACリクルートメントなどで取り扱いがあるので、興味のある方はチェックしておきましょう。

大学や学校法人の国際交流課

大学や学校法人の国際交流課の仕事は、上記の国際交流関連団体と同様に、国際交流の仕事ではメジャーな仕事の一つです。

実際に国際交流課という単位で募集される頻度は高くなく、大学の職員として募集されることが大半です。

また、大学単位での募集というよりも学校法人での募集されるケースも少なくなくありません。

求人を扱う転職会社については、「大学の国際交流求人を探す時に必須の転職会社」で詳しく触れているので、大学の国際交流課求人を探している方はチェックしておきましょう。

地方自治体関連のその他の国際交流関係の仕事

地方自治体関連の国際交流関係の仕事については、他にも代表的な仕事としては以下のようなものがあります。

  • 観光協会での外国人観光客向けの仕事
  • 地方自治体の町おこし関連の仕事
  • 教育委員会での帰国児童生徒支援・留学生支援業務など…

例えば、観光協会や地方自治体の町おこし関連の仕事内容は、ほぼ同じようなもので、インバウンドの外国人観光客向けの業務となります。

また、教育委員会での帰国児童生徒支援・留学生支援業務については、主にその地方の公立学校にいる日本語に難のある帰国児童及び外国人児童向けの日本語補助指導などを行います。

こういった地方自治体関連の国際交流関係の仕事については、ハローワークリクルートエージェントなどで取り扱いがあります。

民間企業の国際交流関係の仕事について

国際協力関連

国際協力関連については、主にJICAからの委託業務を行っている民間企業からの仕事となります。※もちろん、JICAが直接募集している仕事もあれば、特定非営利活動法人が直接募集している仕事もあります。

仕事の種類は多岐に渡りますが、ほぼ、専門的な職種がメインです。例としては以下のような募集がされています。

  • カンボジアでの薬剤師
  • ネパール 教育の質の向上支援プロジェクト 算数教材開発
  • スリランカ 国家計画局能力向上支援アドバイザーフェーズ2

こういった国際協力関連の求人を探す場合は、PARTNERビズリーチJACリクルートメントなどが有力な情報源となります。

貿易事務(国際事務・英文事務)

貿易関連企業で、貿易事務(国際事務・英文事務)の仕事があり、英語を話せる人や英文で書類を作れる方であれば、おすすめの仕事となります。

企業によっては英語での電話でのやり取り、また企業内に外国人がいたりするところもあるので、国際交流という点では外れてはいないでしょう。

ここ数年の傾向としては、未経験でもOKという企業も増えています。

転職会社については、キャプランJOBNETdodaなどが貿易事務求人の取り扱いが多くなります。

※こういった未経験でもOKという貿易事務求人については、キャプランやJOBNETで取り扱いがあります。

キャプランの場合はTOEIC500点以上の応募条件があります。JOBNETに関しては、TOEICの点数などが求められることはなく、英語の資格がない人向けのオンライン講座が用意されています。

外資系企業

国際交流という視点で見ると外資系企業で働くというのも一つの選択肢です。

上記で述べている貿易関連企業と同様に、企業の中で外国人と働く機会を持てたりします。

また、日本企業とは違う外国の風土や文化を学べるチャンスでもあるので、興味のある方は外資系企業で働くという選択肢も持っておいた方が良いでしょう。

外資系企業求人の情報については、外資系企業求人のカテゴリーを別に作っているので、合わせてそちらもご覧ください。

外資系企業求人

国際交流・国際協力の転職に成功している人が使っている転職サイト
国際交流・国際協力の転職に成功している人の多くがパソナキャリア、リクルートエージェント、ランスタッドは必ず押さえている

国際交流・国際協力の求人・仕事の募集というのは、東京などの首都圏も含め、募集頻度ならびに求人数は限られています。

その為、機会を逃さぬよう必ずこの機会に求職者登録(会員登録)だけは、済ませておき、国際交流・国際協力の求人情報を取りこぼさないようにしてください。

  1. パソナキャリア

    特定の国際交流関連団体、留学生支援団体・企業、国際交流を企業コンセプトにしている民間企業、大学の国際交流(大学職員)求人などを幅広く扱うパソナキャリア。
    JICAの受託案件を受注する企業の求人なども取り扱いあり。
    大学については国際関連・外国語大学求人を扱う機会も多い(特に関東・関西・東海地区の大学に強い)。
    国際交流・国際協力関連の転職を考えているなら、まずは必ず押さえておくべき転職エージェント。全国対応。

  2. リクルートエージェント

    JETROやJICAなどの国際関連の求人をはじめ、国際交流団体、各国の大使館・領事館などの求人にも強いリクルートエージェント。
    大学の国際交流求人については、大学職員としての募集が大半。日本語教師、通訳などの求人も取り扱う機会もあり。また、自治体の国際交流を目的とした海外拠点の駐在求人の求人の取り扱うことがある。
    パソナキャリアと合わせて押さえておきたい転職エージェント。全国対応。

  3. ランスタッド

    主に大学の国際交流センター求人を扱う機会がある。また、高校を中心とした教育機関での留学生支援業務を募集していることもあり。
    パソナキャリアやリクルートエージェントでは正規職員求人となりますが、ランスタッドで扱っている大学の国際交流求人は短期または長期派遣求人がメイン。
    もし、パソナキャリアやリクルートエージェントで正規職員での募集がない場合は、ランスタッドで派遣求人として大学の国際交流求人を取り扱っている可能性が高い。全国対応。

  4. JACリクルートメント

    国際協力関係のJICAの受託案件を請け負う企業の求人を保有していることがあり。また、自治体の国際交流を目的とした海外拠点の駐在求人を扱う機会も多い。
    JICAの求人を扱うこともある。

  5. JOBNET

    大学の国際交流課・グローバルセンターの求人をメインに扱う。大学事務員としての募集が多め。雇用形態は派遣がメインですが直雇用前提の紹介予定派遣の取り扱いもあり。
    パソナキャリア、リクルートエージェント、ランスタッドで大学の国際交流求人の発生がなかった場合には、必ずチェックしておきたい転職サイト。

  6. 人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

    マイナビエージェント

    稀に国際交流団体の求人を扱う。大学などの教育機関の国際交流求人も扱うことがある。全国対応はしておらず、北海道地域や九州地域の求人に弱いので要注意。

このサイトに訪れ、国際交流・国際協力の求人を探している10人中7人が、3~4つ以上の転職サイトに求職者登録をし、転職を成功させています。

Topへ→国際交流/国際協力求人・転職のイージョブペディア